2010年06月03日

HTMLにcssを呼び出す方法

■HTMLにcssを呼び出す方法

 HTMLからcssを呼び出す方法の紹介
 やり方は3種類あります。


■やり方
1.HTMLと別にcssファイルを作成して読み込む
 別ファイルとして作成するので、整理がしやすいです。
 また、他のHTMLからも呼び出せるという利点があります。
 同じページを複数作成したいときに便利

CSS
 cssファイルを作ります
 拡張子は○○.cssで保存しましょう


@charset "UTF-8";

h1 {
    font-size:16px;
    }
h2 {
    color:#0000FF;
    }



HTML
 HTMLファイルからcssの呼び出しを宣言します


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=shift_jis">
<meta http-equiv="description" content="HTML講座です!">
<meta http-equiv="keywords" content="コルコル日記">
コルコル日記
<link rel="stylesheet"type="text/css" href="stylee.css" media="all">
</head>
<body>




stylee.css:cssの場所


2.HTMLのヘッダーに書き込む
 ページのヘッダー部分にcssの宣言をします。
 特定のページだけcssを適用させるのに便利

<head>
<style type="text/css">
<!--
★ここにcssを書き込む★
//-->
</style>
</head>

※$#60;!-- -->の中に書き込むのは、古いブラウザでも対応させるため


3.HTMLタグに書き込む
 HTMLタグの1つ1つを個別にスタイルを適用させることが出来ます。
 特定のタグにcssを適用させたい場合はこれが便利

<p style="color:red">文字 </p>


Color Me Shop! pro 待望の新サービス☆『ロケットネット』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151636309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。