2010年05月28日

HTMLタグにcssの要素を取り入れる方法

■HTMLタグにcssの要素を取り入れる方法

 ホームページを作成するときに、あまりcssは使わないけど、この場所でピンポイントで使いたい!って時に便利です。
 利点は、わざわざcssファイルを作ったり、ヘッダーの中に宣言しなくてもその場で使うことができます。



■やり方

簡単に言えば、タグ内にcssの内容を書き込めばできます。

今回はHTMLの<p>のタグを例に解説していきます。

<p style="color:red" > 【内容】</p>


こんな感じにstyle="ここにcssの内容を書く" といった感じにします。
cssの書き方は普通のcssと同じです。

続けて書く場合は「;」で区切りましょう
【例】<p style="color:red;font-size:25px" > 【内容】</p>

こんな感じに表示されます↓

【内容】


Color Me Shop! pro 待望の新サービス☆『ロケットネット』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150879249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。