2010年04月26日

GIMPで立体感のあるボタンを作成する方法

■GIMPで立体感のあるボタンを作成する方法

今回はGIMPでベベルという効果を使って簡単に立体感のあるボタンの作り方を紹介します。
簡単にできて見た目もかっこいいのでオススメです。

gimp_bebel_ok.jpg

難易度:★☆☆☆☆
使用ソフト:GIMP2
使用素材:なし

■作り方
(1)「ファイル」→「新しい画像」を選択し、200px×200pxで画像を作成する。
01.jpeg

(2)「ツール(T)」→「選択ツール(S)」→「矩形選択」で正方形の範囲を作成します。
※「Shift」+「ドラッグ」で正方形ができます
02.jpeg

(3)「選択(s)」→「角を丸める(E)」を選択し、半径(%)を20にして「OK」をクリックします。
03.jpeg

(4)「ツール(T)」→「描写ツール(P)」→「グラーデーション(D)」でグラデーションツールを選択します。
好みの色をつけましょう。
※塗りつぶしでもOK
gimp_bebel01.jpg

(5)「フィルタ(R)」→「装飾(D)」→「ベベルの追加(E)」を選択し、「ベベルの追加」の設定画面を出す
gimp_bebel02.jpg

(6)厚さを設定して「OK」を押すと立体感の画像ができます。
※今回は厚さを「5」で作成しています
gimp_bebel03.jpg

(7)あとは、好みに文字を入れたら完成です
gimp_bebel04.jpg

婚活ブーム中、副業に最適!仲人ビジネス



posted by ジャネル at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツール>画像関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Color Me Shop! pro 待望の新サービス☆『ロケットネット』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。